スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末レッスン

2010.05.30.Sun.23:06

昨日、今日と撃沈のレッスンだった

昨日はアジ練で居残り 

(ちゃんとできた人の迷惑になるので 後回しになり 結果、居残りに・・・

でも 大勢の中で流されるより 居残りの方が 私たちにとっては お勉強になります


 
単純な3本の真っ直ぐのハードルの後、目の前にある トラップのトンネルに行かずに180度回して

次の障害に・・・

行けなくて…何度やってもトンネルにドボン

ハンドリングが変ってコミュニケーションがうまくとれない

先週休んだら みんな 今までとは違う方の手を出して走ってるし

先生の話では・・・

私の走るコースが悪いのとスピードダウンの仕方が悪い

なので3本のハードルを2本にしてみたらと言われ

やってみたら何とか成功

で、また3本に戻り成功

何でもっと早く2本にする事に気付かなかったのか
 
私のせいで失敗の連続、チュールは疲れるし他の練習も出来ずに撤収

今日は、昨日と同じ練習中に 

横でタッチ障害練習をしているグループ(障害の最後にオヤツを置いていた)に乱入 
 
オヤツが気になって仕方ない様子で チュールの気持ちは全く私の元にナシ

は~課題は山積みだ~





今日は久しぶりにビギナークラスのレッスンを覗いてみた

2010_0530_111547-P1000835_convert_20100531001047.jpg 

2010_0530_110716-P1000833_convert_20100531000911_convert_20100531000951.jpg

正直 レベルの高さに 凄いと思った

チュールのパピー時代とは、月とスッポン、天と地くらいの差だ

まぁ、昔はビルの1室で 皆がパピーで和気あいあいと のんびり過ごしてきた 

(今、思えば あのビルの1室はダンスのレッスンに最適だよね鏡張りだったし
 
服従とかアジとか全く未知の世界だったし訓練モードでは無かった事は確かだ

アジリティー もどき の事はしてみたりしたけど

それが競技として成り立つ事すら知らなかったし

知ったのは随分と後になってのことだ

第一、そんな環境にもなかったし・・・ 

ただ チュールはお勉強よりも体を動かす事の方が 

生き生きと楽しそうだったのを思い出す

その中でいろんな事を教えていったらいいよと教わった 

今、レッスンに通ってきている人たちの中には アジリティーがしたいからとか

競技会に出たいからとか 明確な目標を持って通って来られる 方がいる

私は そんな風に 自分のやりたいことが 主張できる人が羨ましい

勿論、家庭犬として ちゃんと育てたい方も多い

私も その一人だった

普通に家庭犬として育てていけばいいと思っていた



目標を持つことは 何をするにしても 強みだ  

言葉足らずで誤解されたくないのは
 
決して何の目標も持たずに何となくアジリティーをやっている訳ではない

それなりに考えてやってるつもりだ

(そうは見えないとおっしゃる方もいるかもしれませんが・・・

 
その辺 誤解されませんように


レッスンに通い始めてもう5年も経ってしまった

アジリティー以外にもやりたいことはあるけど

不器用故にもう少し後から・・・

ただ何をするにしても楽しくなければヒトも犬も続かないかな・・・

まあ楽しい事だらけじゃないし 犬種によってもその楽しみ方も変わってくると思う

挫折感を味わうこともあるかも知れない(ネガティブはお任せ下さい

だけど後でやって良かったと思えるような楽しみを持ちたい 


~ いつもの風景~
チュール 
僕はのんびり日向ぼっこするのが好きです

チュール 
お母さんが洗濯物を干し終えるまで ここで まったりしています


~ウェンディの場合~

虫を見つけては半殺しの目にあわせて いたぶり

終いには食べておしまい

(画像が悪くて見ずらいです)

[広告] VPS


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。